旅行の時期

旅行はいつの時期が狙い目か――。これは、人類が直面している永遠の課題です。……というのはあまりに大げさですが、難しい問いであることは確かです。それは、「狙っている」ものによって、その答えが大きく変わってくるからです。ここでは、大きく2つの「狙い」に分け、どの時期が狙い目かを解説します。

 

<価格>

旅行の価格

同じところに旅行するなら、安く行きたいというのは当然ですね。そして、時期によって大きく変動するのが「価格」です。基本的に、旅館や交通手段は数が限られています。そのため、価格は需要と供給によって決定されます。当然ですが、多くの人が旅行したい時期は高くなり、あまり多くない時期は安くなります。日本においては、お盆と年末年始、ゴールデン・ウィーク、シルバー・ウィークが、会社なども長期休暇を与えるため、価格が高騰しがちです。そのため、その時期を外すことが狙い目となります。また、2〜3月や8月は、学生の長期休暇の時期ですので、やはり高騰しがちです。そのため、1月後半、6月などが狙い目となるでしょう。

 

<見どころ>

観光の見所

さて、みなさんが旅行する理由は何でしょうか? 非日常を味わい、日頃の疲れを癒したり発散するためではないでしょうか? そのために重要なのは「体験」です。紅葉狩り、お祭り、花火、スキー、温泉などなど、旅行には「目的」が存在しているケースが多いです。そうした「目的」には時期がつきものです。この体験を求めるのであれば、その時期を狙うことが重要になります。ただし、こちらは需要が増え繁忙期になるため、当然ながら値段が上がってしまいます。

 

以上の二つの要素をバランスよく勘案することが、旅行の時期の狙い目を考える上では重要です。また、平日・休日という軸もありますので、そちらも考慮に入れ、最適な時期に最高の旅行を実現させてください!