コンパニオンを呼んでの宴会にはさまざまな楽しみ方があります。ルールの範囲内であれば、自由に楽しめるのも宴会の魅力です。そんなコンパニオン宴会ですが、基本的には女の子との会話を中心に盛り上げることになります。
コンパニオンの女の子はもちろん会話に関しても「プロ」ですので、しっかりとその場を盛り上げてくれる流れに持って行ってくれますが、人によっては、話題に困ってしまう…なんて方もいらっしゃるかもしれません。
また、目の前に初対面の女の子がいると、うまく話をすることができなくなってしまうといった方も少なくないようです。
そこで、ここではもっと宴会を盛り上げるためのコンパニオンとの会話術をご紹介しましょう。

ジェネレーションギャップなんか気にしなくてOK!


ある程度の年齢になると、共通の話題も少ないことから若い女の子と話すのが苦手になってしまう…そんな方も多いようです。基本的に、コンパニオンは若い女の子ですので、苦手意識を持っている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、コンパニオン宴会においてはジェネレーションギャップなんか気にする必要はありません。無理に相手の世代に合わせて会話を選ぶと、ぎこちなくなってしまい、会話のテンポも悪くなってしまうのです。そんなことは気にせずに、自分が話しやすい話題を持ちかけるようにしましょう。そうすれば、スムーズに言葉が出てくるはず。冒頭でもお話しましたとおり、相手は「会話のプロ」でもあります。どんな話題であっても、ついてきてくれますし、もし理解できない内容の話であっても、うまく相づちを打ってくれたり、話を盛り上げる方向へと誘導してくれたりすることでしょう。
会話で無理をしないこと。これがコンパニオンとの会話を盛り上げる上での鉄則です。

話がループすることだけは避けよう!


アルコールが入ると、いつも同じ話を繰り返してしまう…あなたにも身に覚えがありませんか?これは、会話のテンポを悪くしてしまったり、場を盛り下げてしまったりする原因にもなります。なので、会話がループすることだけは避けるようにしましょう。
そうすることによって、もっと会話がスムーズなものとなり、宴会そのものをより盛り上げることにつながるはずです。そのために、アルコールはちょっとだけセーブするのもひとつの方法です。

ちょっとしたポイントを押さえるだけでも、コンパニオン宴会はもっと盛り上がります。早速、あなたも試してみませんか?