コンパニオンはさまざまな形で利用することができます。もちろん、女の子の人数は自由に指定することができます。基本的には、宴会の出席者の人数よりもコンパニオンの人数の方が少ない、という形になりますが、同じ人数のコンパニオンを呼ぶことだってできるのです。もちろん、それだけ広い会場を用意しなければなりませんし、コストだってかかります。
しかし、1対1になるようにコンパニオンを呼ぶことのメリットも決して少なくはありません。あなたも、コンパニオンの人数は参加者に対して少なく…という考えを一度捨ててみませんか?するとコンパニオン宴会をもっと楽しいものにすることができるかもしれません。

1対1だったら会話はもっと弾む!女の子の人数は多いほどいい?


1対1でコンパニオンがついてくれれば、当然会話がより盛り上がることは言うまでもありません。女の子がいろんな席を移動するとなれば、どうしても会話もとぎれとぎれになってしまいますので、深いコミュニケーションを楽しむことができないのです。
女の子ともっと深くコミュニケーションを楽しむことができれば、お互いのことをもっと理解し合うことができるでしょう。あなたがどういったサービスを求めているのかが、しっかりと女の子に伝われば、より理想的なサービスが受けられるのです。
また、宴会の定番の王様ゲームなどは女の子の人数が多ければ多いほど盛り上がるものです。これによって、より高い満足度の宴会にすることができるのです。

小人数の宴会だったら断然1対1がおすすめ!


いくら多くのメリットがあると言っても、規模の大きな宴会で1対1のコンパニオンを呼ぶのは予算的にも会場のスペース的にも難しいかもしれません。そもそも、お店によってはそれだけの人数を派遣できないこともあります。
しかし、少人数の宴会であれば1対1でコンパニオンを呼ぶこともそれほど難しくはありません。逆に、女の子の人数が少ないと、ちょっと寂しい宴会になってしまうこともあります。もちろん、コストはそれだけかかってしまうものの、それ以上の満足感を味わうことができるはずです。
もちろん、1人でもコンパニオンを呼ぶことはできますので、まずは一度1対1の楽しさを味わってみるのもいいかもしれません。

ちょっとぜいたくに感じられるかもしれませんが、1対1のコンパニオン宴会は一度経験するとクセになってしまうほどに魅力的なものです。あなたも一度体験してみませんか?きっとこれまでにない満足感を得られることでしょう。