旅行は、現代人にとって代表的なレジャーとなりました。旅行に行ったことが無いという人はかなりの少数派ではないかと思います。海外旅行、温泉旅行、社内旅行、卒業旅行、就学旅行……、様々な「旅行」があります。もちろん「一人旅」も立派な旅行ですが、誰かと行く旅行が多いですよね。そのため、「誰と行くか」も旅行を楽しむための重要な要素となっています。恋人、家族、同僚、友達など気の置けない仲間との旅行を想像すると思わず笑みがこぼれてしまいます。

旅行プランで悩む人

もしあなたが旅行をプランニングする際は、そんな誰かが喜んでくれて、感謝してくれるようなプランニングをしたいですよね? そこでこちらでは、感謝される旅行のプランニングについて解説します。

まず、考えたいのは、どうした時に感謝されるかです。下記が挙げられると思います。

 

  • いろいろな要望を聞いてくれる
  • 一生懸命アイデアを考えてくれる
  • 大きなトラブルがなく旅できた

 

やはり、プランニングなので、企画段階で密なコミュニケーションを取ることが感謝に繋がるようですね。確かに、企画者が企画者の行きたいように旅行を組み立てては感謝の気持ちが薄れてしまうかもしれません。一緒に行く方の要望を聞き、それを満たすようなアイデアを提案して、一緒に旅行プランを作り上げていくと感謝が生まれると思います。

いいプランひらめいた!

ただし、注意したいのは、要望ばかり聞きすぎて、詰め込みすぎのプランになり、肝心の旅の当日に疲れてしまう or 電車に乗り遅れるなどのトラブルに見舞われることです。企画者の目線から、無理のないプランニングにしてあげることが重要ですね。

とにもかくにも万人に感謝されるようなたったひとつのプランニングは存在しません。相手のことを想い、一生懸命プランニングすることで、その人に感謝されるプランニングを実現させてください。

旅行プランしてくれてありがとう